プラセンタとは

プラセンタとは

プラセンタのサプリ

今、話題の馬プラセンタとは?

馬のプラセンタがお勧めな理由、他のプラセンタと何が違うのか?
サラブレットなどのサプリメントもご紹介。

続けてのみなら豚プラセンタ

プラセンタが流行り始めたころは、プラセンタと言えば「豚」が当たり前だった気がします。一見、豚だとなんかなーという意見もあるようですが豚ならではの良さもありますのでそのあたりご紹介します。

海のプラセンタ サーモンプラセンタとは?

最近にわかに注目をされはじめている?かどうかはわかりませんが、既に美容タイ国などでは重宝されているサーモンプラセンタについてご案内しています。

プラセンタってどんなもの?

数年前から美容に効果のある成分として、その名前が知られるようになったプラセンタ。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを豊富に含み、
おもにアンチエイジングをはじめとする美肌ケアに有効な成分として知られています。

プラセンタはサプリメントやコスメに配合されているだけではありません。
医薬品としても使用されている成分で、その効能は実に多岐にわたっています。
しわ、たるみ、しみ、そばかす、乾燥肌といった肌のトラブルだけではなく、
冷え症、風邪、高血圧、疲労回復、アレルギー性鼻炎、花粉症、
肩コリといったさまざまな症状にも改善効果が期待できると言われています。

美肌の他、健康効果も

保険適用外となりますが、美容皮膚科などで
プラセンタを直接注射してくれるところもあります。
注射したあとは肌の透明感がアップした、アレルギーの症状が改善した、
体の中から元気になったなどと感じる患者さんが多いといいます。

また、プラセンタは二日酔いや悪酔いを防ぐ効果もあるため、
夜のお付き合いが多いという人にもオススメの成分です。
ちなみに肝機能障害や更年期障害については効果があることが認められており、
これらの病気の患者さんに関しては保険適用で注射を受けることができます。

このように確かな美容、健康効果が期待できるプラセンタ。
ではプラセンタとはいったいどんなものなのでしょうか。

注:プラセンタだけ飲んで良くなることよりも、美肌を目指すなら内側からのデトックスも定期的に行う事が大切。断食であれば酵素マニアの情報も参考になると思います。

胎盤から生成される

プラセンタとは赤ちゃんの命を育む器官である胎盤のことを指しています。
新しい命を作りだし、育んでいく器官であるため、たんぱく質などの栄養素のほかに、
細胞を成長させるためのいろいろな物質が含まれています。

胎盤は赤ちゃんが生まれるときに排出されるため、
こうした胎盤を使用してプラセンタが作られているのです。
化粧品やコスメとして使用されるプラセンタは主に豚や馬、
サーモンなどの胎盤を原料に作られているものが多いようです。

美容効果のために受けるプラセンタ注射はクリニックによっても異なりますが、
1回5000円~1万円くらいとかなり高めになっているため、
継続したケアをするのは難しくなっています。プラセンタの効果を手軽に実感したいなら、
やはり続けられる価格のプラセンタサプリメントやドリンク、
コスメなどを選んだほうがよいでしょう。

プラセンタの特徴はひとつの成分でいろいろな効果が期待できるところにもあります。
サプリメントやドリンクなどを体の中から摂ることで、アンチエイジング・美肌効果だけではなく、
花粉症やアレルギーの症状、肩コリが改善されたと感じている人もたくさんいるのです。
美肌効果を期待しない毛穴ケアや肌荒れ対策にプラスアルファでプラセンタのサプリやコスメを
とりいれてみるのもいいのではないでしょうか。

無論個人差ありますがプラセンタをとりいれた後の次の日は明らかに肌に良い意味で
差が出ていることを実感できると思います。

後は先ほどお伝えしたプラセンタの種類もいいか悪いかは使ってみて判断をしてみるのが良いでしょう。

長い間使われているので安心か?

サプリメントや化粧品はプラセンタ限らず数が非常に多いです。
実際に使う価値があるのかどうかというのは本当に判断が難しいところ。
だからサンプルなどを使ってみてよかったら続けてみるという流れができているのでしょうが
見つけるまでが大変だし、もしかしたら見つからないかもなという不安要素も大きく
あると思います。どうやって見つければいいのか?これを考えてみると失敗を少なくするという意味では長く利用されている化粧品やサプリメントを選ぶのが良いのではと思います。
もちろん長く使われていてもあれ?いまいちだというものは少なからず存在しますが、長く使われているということはそれだけリピートされているからまだあるといえるでしょう。
新しい、歴史の薄いサプリなどでもいいものはあると思うので一概にそれだけというのはよくないでしょうがひとつの物差しとして考えてみてもいいと思いますよ。

COPYRIGHT© 2013 プラセンタとは ALL RIGHTS RESERVED.