海の生物である鮭を原料としているサーモンプラセンタについて

プラセンタとは

海のプラセンタ サーモンプラセンタとは?

これまで化粧品やサプリメント、ドリンクの原料となるプラセンタは
豚、馬、羊などのものが主流でした。

しかし最近になってサーモンプラセンタまたはマリンプラセンタと呼ばれる、
鮭を原料とした成分を含んだサプリメントなどが登場しています。
プラセンタとは哺乳類の胎盤のことを指しています。哺乳類ではない鮭には胎盤がありません。
では、なぜ「プラセンタ」と呼ばれているのでしょうか。

サーモンプラセンタはプラセンタ様物質

鮭由来成分からできるプラセンタは厳密にいうとプラセンタではなく、
プラセンタ様物質と呼ばれるもので、プラセンタと同じような働きをする成分
という意味でつけられた名前になっています。

例えば、大豆イソフラボンが女性ホルモンに似たはたらきをするため、
女性ホルモン様物質と呼ばれているのと同じことです。

このサーモンプラセンタは鮭の筋子からイクラを作るときに取り除く、
筋の部分を原料としています。この筋は卵巣の外皮で、
哺乳類の胎盤にあたるはたらきをするのではないか?という考えから、
サーモンプラセンタまたはマリンプラセンタなどという名前がつけられているのだそうです。

厳密にいうとプラセンタとは違うもので、効果も異なるという意見もあります。
しかし、サーモンプラセンタのサプリメントやドリンクを飲むと、シワが改善された、
化粧ののりがよくなった、肌が内側からふっくらとした、冷え症が改善された
…など、
哺乳類のプラセンタに似た効果を感じている方が多いのです。

サーモンはアンチエイジングに効果的

マリンプラセンタは9種類の必須アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、
コンドロイチンなどの成分をはじめ、豊富な栄養素を含んでいます。
サーモンといえば、アンチエイジングに有効な成分である
アスタキサンチンやオメガ3などの成分もたっぷりと含まれていて、
女性は積極的に摂りたいと言われている食材です。

美容先進国である韓国ではサーモンからお肌を再生してくれる成分を抽出し、
直接肌に注射するという美容法が流行している
のだそう。

サーモン(鮭)は川で生まれてから、海に出て、数年でまた生まれた川に戻ってくる回帰魚です。
そのため、一生を海で過ごす魚よりもPCB(ダイオキシンの一種)などに汚染される可能性が少なく、
農薬や感染症などの心配もありません。
サーモンプラセンタの原料となるサーモンも生産地証明制度(トレーサビリティ)
に基づいて管理しているメーカーも多く、安心して使用できる成分となっているようです。

サーモンプラセンタは「魚の臭いがして飲みにくい」という人もいれば、
「豚プラセンタよりも飲みやすい」という人もいるようです。
化粧品やサプリメントはそれぞれの体質に合うかどうかも重要なポイントとなるため、
まずはトライアルなどで試してみるのがよいのではないでしょうか。

試すならおいしく続けられるサーモンプラセンタがおすすめ

ミスユニバースも愛用している業界最高法の濃厚なサーモンプラセンタです。
サーモン試したい方はこれがお勧めかと思います。

COPYRIGHT© 2013 プラセンタとは ALL RIGHTS RESERVED.