活性酸素 抗酸化作用

プラセンタとは

プラセンタの活性酸素除去作用とは?

プラセンタには活性酸素を抑制したり除去したりする作用がある、
というお話はどんな美肌効果が得られるの?のページでも触れました。

では、そもそも活性酸素って何?という方のために、活性酸素について
ちょっと書いてみたいと思います。

活性酸素のもつ働き

私たちは呼吸することによって、たくさんの酸素を体内に摂りいれ、
それらの酸素によってエネルギーを作り出しています。
このエネルギーを作り出す際に、酸素はなにかと結びつくわけですが、
この結びついた後の物質が活性酸素であり、ウイルスなどを退治するなどの
有益な働きをもっています。

活性酸素は適量である場合は良いのですが、増えすぎてしまうとさまざまな悪影響を
私たちに与えてしまうことになります。活性酸素は細胞を酸化させてしまうのです。

酸化というとわかりにくいのですが、つまりは錆びつかせてしまうわけですね。
錆び付いてしまった細胞は、栄養分や老廃物を運ぶ
という本来の働きができなくなります。
その結果、細胞の老化につながるといわれています。

また、細胞の遺伝子を傷付けてしまい、通常の細胞をがん細胞に変異させたり、
細胞そのものを死滅させてしまったりという、
私たちにとって嬉しくない影響を及ぼします。

抗酸化作用につながる

プラセンタは胎児を母体とをつなぐ胎盤からできていますから、
胎児を成長させる働きのほかに、
活性酸素を除去して胎児を守る働きがあるとされています。

活性酸素を除去するということは、酸化を防ぐということにもつながり、
スキンケア製品などの効果としても良く聞かれる、
抗酸化作用と同様の働きを持っているとも言え、
そのような点から美肌にも効果を発揮するといわれているわけですね。

抗酸化作用を持つ成分としては、
お肌だけでなく体そのものに良い成分とされているビタミンCがあります。
この誰もが知っているビタミンCのもつ作用と同様であるといえば、わかりやすいかもしれません。

ただし、ビタミンCに関しては古くから多くの研究がなされてきただけに、
そのほとんどの部分がわかっている成分ですが、プラセンタに関してはビタミンCと
比べるならば、まだまだわからないことが多い成分であるともいえます。
それだけに、これからの研究が楽しみであるともいえますね。

COPYRIGHT© 2013 プラセンタとは ALL RIGHTS RESERVED.