プラセンタの副作用や安全性について

プラセンタとは

プラセンタに副作用ってあるの?

美容、健康にアプローチする化粧品や健康食品だけではなく、
医薬品としても使用されているプラセンタ。
サプリメントや化粧品は他の美容成分よりも高い効果が
期待できる成分として知られていますが、プラセンタに副作用はないのでしょうか。

副作用はほとんどない

プラセンタは副作用がほとんどない安全な成分として知られています。
医薬品としてプラセンタが認可されたのは昭和30年代、
今から50年以上も前のことになります。

日本で医薬品として認可をうけるためには何年にもわたる厳しい臨床試験が必要となります。
これらの検査は認可を受けたら終わるわけではありません。
そのあとも、臨床試験が続けられて安全性に異常がないことが常に確認されつづけているのです。

プラセンタは50年以上、このような試験が続けられているわけですが、
これまで重篤な副作用の報告はほとんどありません。
ほんの数例ある症状もアレルギー症状であることが分かっており、
使用した人すべてに起こるわけではないのです。
アレルギーの有無に注意さえすれば、副作用が起こることはかなり少ないと言っていいようです。

安全性は非常に高い

医薬品として使用されるプラセンタは正常分娩をした
日本人の妊婦さんから提供された胎盤から作られています。
この場合、厳密な血液検査を繰り返し肝炎ウィルスなど、
感染症の心配がないかどうか確認されてから必要な成分を胎盤から抽出し、
薬剤として加工しています。

これに対し、サプリメントや化粧品に使用されるプラセンタは
主に、豚や馬の胎盤が原料となっています。
各メーカーでは厳しい検査基準を設けて、感染症の可能性がないことを
含めた安全性の確認を徹底しています。
検査項目はサルモネラ菌やトキソプラズマ病、流行性の下痢症など多岐にわたります。
原料となる豚や馬は原則として食用されているレベルの家畜なので、
これらの胎盤エキスも安心して使用できる品質が保証されているのです。

またメーカーによっては野菜の有機栽培などと同様に、
どこで育ったか、どんなものを食べて育ったかなどのデティールまで管理されている
確かな原料を使用するなど、安全性には十分な配慮をしているようです。
さらに製品として加工される際に、熱処理されていますので感染症の心配はありません。

副作用がないと言っても、妊娠中や授乳中の方はサプリメントを飲み始める前に
医師に飲んでも差し支えないか相談しましょう。
また持病があって他のお薬を飲んでいるという方も
医師に相談してから飲み始めるようにしていただきたいと思います。

COPYRIGHT© 2013 プラセンタとは ALL RIGHTS RESERVED.